あなたは今このようなことで悩んでいませんか?

  • 欲しいものがあるけどお金がないから今月は我慢
  • 友達に旅行に行こうと誘われたけどお金がないから諦めよう…
  • パチンコで負け越してしまってお金がない…

 

お金が手元にないことにより、自分の欲求を満たせない、生活が厳しいなど、ストレスを貯めてしまう場面もあるかと思います。

 

そんなとき、ムリに我慢せずお金を借りてその場を乗り切るという選択肢があります。

 

ただ、友人からお金を借りることはおすすめしませんし、家族からは「お金が借りづらい」なんてこともあるかと思います。

 

その場合、少額であれば消費者金融からお金を借りることをおすすめします。

 

少額の借入であれば利息もほとんどかかりませんし、いくつかある消費者金融の中では無利息期間を設けているところもあります。

 

そういったところをうまく利用すれば、「利息なしでお金を借りる」なんてことも出来てしまいます。

 

このサイトでは、お金を借りる場合の注意点や条件、おすすめの消費者金融など詳しく解説していますので、あなたがお金を借りるときは悩むことなくスムーズにお金を借りられるようになります。

 

 

 

 

少額借りてすぐ返済するなら消費者金融の無利息期間を利用しよう

 

基本的にカードローンなどで借り入れをするときには、利息がかかります。金額に関係なく、借りた金額に対して利息がかかり、その利息分も含めて返済していくことになります。この利息が貸した側の利益になるのですから、利息が発生するのは仕方のないことです。

 

ただ、冷静に考えてみると借りた分以上のお金を返済していくというのは、馬鹿らしいものです。それが少額の借り入れであれば余計にそう感じてしまうでしょう。そこで、もし少額を借り入れてすぐに返す算段がついているのであれば、消費者金融の無利息期間の利用をおすすめします。

 

無利息期間とは?

各種カードローンの無利息期間については、テレビコマーシャルなどで見聞きしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

まだカードローンのお世話になったことがないという方でも、なんとなく知っているという方は少なくないはずです。

 

無利息期間というのは文字通りのサービスで、簡単に言ってしまうと「指定された期間内で返済をすることができれば、その期間中の利息は一切かかりませんよ」というものです。要は、借りた分のお金だけを返せばOKという理想が叶えられるわけです。

 

どれくらいの無利息期間が用意されているのかはカードローンによって違い、2週間から180日間とかなりの幅があります。その中でも30日間を無利息期間としているカードローンが多い傾向にあります。

 

基本的に利息というのは少額でもお金を借りるときに、ほぼ確実に必要となってくるものです。仮に短期間であってもその利息を回避できるチャンスがあるなら、積極的に無利息期間というものを活用していくべきでしょう。

 

銀行よりも消費者金融の無利息期間を活用すべし!

「カードローン 無利息期間」といったキーワードで検索すると、銀行系カードローンよりも消費者金融のカードローンのほうが多くヒットするかと思います。実際に、消費者金融のカードローンのほうが無利息期間に関しては充実しています。

 

もちろん、ネットバンクなどの銀行系カードローンであれば無利息期間を用意しているところもあるのですが、消費者金融のカードローンと比べるとかなり消極的な印象です。

 

無利息期間の代わりにポイントを付与するといった特典に切り替えているところも少なくないので、銀行系カードローンでの無利息期間は今後も含めて期待できません。

 

消費者金融のカードローンであればそもそも無利息期間を設けているところが多いですし、その期間もさまざまです。

 

無利息期間を活用するのであれば選択肢の豊富な消費者金融のカードローンにしたほうがいいでしょう。

 

 

 

お金を少額借りたいとき即日に借りられる消費者金融カードローン

 

では、ここでお金を少額借りたいときに即日で借りられるカードローンを具体的にご紹介していきたいと思います。先でも触れましたが、即日で借りるということを考えたら選択肢は自ずと消費者金融のカードローンに限られてきます。

 

人気No.1のプロミス

プロミスはテレビコマーシャルのイメージがかなり強いかと思います。

 

現在のプロミスのテレビコマーシャルには、溝端淳平さん、岡本玲さん、田中直樹さん、西田尚美さんが出演しており、かなり豪華なテレビコマーシャルに仕上がっています。

 

プロミスはWebからの契約であれば最短1時間で融資が可能となっているだけではなく、土日や夜間でも24時間振込が可能となっています。

 

また、カードローンでありながら郵送物なしのカードレスなのでローンカードがないからこそ誰にも知られることなく、お金を借りることができてしまいます。

 

さらに、プロミスも初めての方であれば30日間利息0円のサービスを提供しています。
※ポイントを利用して何度でも無利息サービスを利用することができます。

 

30日間利息0円サービスに加えて、初めての契約であれば最大で2000円分の三井住友VISAプリペイドのプレゼントも用意されています。

 

無利息サービスだけでもありがたいのですが、それに+αがあるのは大きな魅力です。

 

SMBCモビット

モビットも比較的頻繁にテレビコマーシャルを見聞きする消費者金融です。テレビコマーシャルには竹中直人さんと夏菜さんが出演しております。

 

モビットであれば最短30分で審査が完了し、即日融資も十分に可能です。スマートフォンひとつあれば取引が可能ですし、WEB完結なので郵送物で誰かに知られるリスクもありません。

 

このあたりは他の消費者金融のカードローンと同じですが、モビット最大のメリットとして、職場への本人在籍確認の連絡を省略することができるというシステムがあるため、職場の方々に知られることなくお金を借り入れることができます。

 

もちろん在籍確認をしていないわけではなく、メールによって在籍確認を省略しているのです。

 

誰にも気付かれないようにカードローンを利用したい方にとっては魅力的なシステムになっています。

 

少額のお金を借りるオススメカードローン

 

 

ローンの審査や金利の仕組みをわかりやすく解説

カードローンの利用を検討しているのであれば、カードローンの審査や金利の仕組みも理解しておきましょう。

 

「知らなかった」では済まされないようなことに発展する可能性もありますので、自分の利用するカードローンというサービスについてきちんと理解を深めていきたいところです。

 

カードローンの審査の仕組み

カードローンというサービスを提供している消費者金融や銀行は、その審査基準といったものを明かしていません。

 

ただ、細かな審査基準は異なるものの、審査の流れで確認される項目といったものはだいたいどこも同じです。

 

申込後の流れとしてこのようになります。

申し込み→ 仮審査→ 本審査→ 融資

 

申し込み後の仮審査では、個人情報や勤務先情報といったものが属性スコアリングシステムと呼ばれるもので自動的に点数化されていきます。

 

名前や年齢、連絡先などの個人情報、勤務先の住所や勤続年数、年収といった勤務先情報、自宅の住所や子どもの有無などの住居や家族の形態について、他社からの借り入れ……他にもいろいろな情報が点数化されていきます。

 

仮審査で点数化されたものが審査基準をクリアしていれば、本審査に移ります。

 

本審査では改めて申込内容や個人情報が確認されることになります。さらに、本人確認書類などの必要書類の提出を求められます。ご存知のように、在籍確認といったものもおこなわれます。

 

その結果、問題ないと判断されれば本審査を通過したということで、融資を受けられるようになります。少額のお金を借りるときでもこういった審査の基本的な仕組みは変わりません。

 

在籍確認と聞くと、働いている職場に電話連絡がきて「〇〇金融の○○です。△△さんはおられますか?」と尋ねられるイメージがあります。

 

しかし消費者金融カードローンの中では在籍確認をメールで省略できるところもありますので、職場に気付かれることなく、お金の借入をすることもできてしまいます。

 

カードローンの金利の仕組み

消費者金融や銀行のカードローンのページを見てみると、金利にはかなりの幅があります。

 

いくら借りても常に一定の金利というわけではなく、借りる金額によって金利が変わってくるのです。

 

また、借入れの上限金利は借入れる金額によって「年15%〜20%」と、貸金業法に定められており、それ以上の金利の上乗せは、刑事罰の対象になります。

 

※上限金利の詳細について 日本貸金業協会より

 

ケースバイケースとなる部分もあるのですが、基本的には借りる金額が少額であれば金利は大きくなり、借りる金額が高額になれば金利は小さくなると考えておいたほうがよいでしょう。

 

また、消費者金融でお金を借り入れることが初めての場合、各社で表示されている金利の高い方を採用されます。

 

例)SMBCモビット 年3.0%〜18.0%であれば、18.0%で借り入れることになります。

 

残高スライド元利定額返済

消費者金融でお金を借りた場合、残高スライド元利定額返済で返済を進めていくところが多いように思えます。

 

残高スライド元利定額返済とは、毎月同じ金額を返済するのではなく、借入残高が減ってくると返済が必要な金額も減ってくるというシステムです。

 

このシステムでは毎月の最低返済額が決まっており、最低返済額は初回に借入した金額によって決まります。

 

残高スライド元利定額返済方式は返済の計画がたてやすく、毎月の負担が少ないというメリットがある反面、完済までの期間が長引いてしまうというデメリットもあります。

 

賢く返済するためには、少しでも余裕のある月は繰り上げ返済(最低返済に少し上乗せして返済)をすることをおすすめします。

 

カードローンの金利というのは表記としてはいわゆる年利になるのですが、実際には借りた日数分だけを計算する日割り計算で考えられます。

 

お金の即日借り入れなら消費者金融、金利重視なら銀行系カードローン

 

お金を借りるというとき、真っ先に候補に挙がるのがカードローンです。ただ、ご存知のようにカードローンにもいろいろなものがあります。

 

カードローンは消費者金融のカードローンと銀行系カードローンの2種類に分類することができるのですが、それぞれでカードローンとして違った特徴を持っています。

 

そのため、同じお金を借りるにしても何を優先するのかによって、消費者金融のカードローンを利用するのか、それとも銀行系カードローンを利用するのかを決めていかなければいけません。

 

即日の借り入れを希望しているのであれば消費者金融のカードローン

残念なことに、お金の問題というのは本当に突然やってくるものです。

 

身近な人が結婚することになってお祝いをしなければいけなくなったりすることもあれば、自分自身の怪我や病気でお金が飛んでいったりすることもあります。

 

そのため、急にお金が必要になって、手元にあるお金だけでは足りないということも珍しくありません。特に、今の日本は不景気ですので、不測の事態に対応できないような経済状況だという方も多いでしょう。

 

「とにかく今すぐにお金が必要!」という場合には、消費者金融のカードローンをおすすめします。

 

一般的にもよく知られているように、消費者金融のカードローンというのは審査が早く、即日での借り入れも十分に可能です。実際に、「即日融資」を大々的な謳い文句としているところも少なくありません。

 

通常の借り入れであれば、担保や保証人といったものが必要になってきます。しかしながら、消費者金融のカードローンでは担保も保証人も必要ありません。

 

その分、金利を高めに設定しています。高めの金利で貸し付けたお金を回収することができなかった場合のリスクに備えているのです。

 

おまけに、もともと消費者金融のカードローンというのは個人からの小口融資をメインにしています。要は、少額のお金を借りる個人をメインターゲットにしているので、少額のお金を借りる個人にはスピーディーに応えようとするわけです。

 

それに、消費者金融であれば、借り入れの申し込み後の審査もシステム化されています。特に大手の消費者金融であればシステム化によってかなりスピーディーな審査と融資が期待できます。

 

システム化の進んでいない中小の消費者金融だとややスピードは落ちますが、それでもそれまでのノウハウがありますし、他の金融機関よりは期待できます。

 

低金利なところがいいなら銀行系カードローン

お金を借りるときに金利を第一に考えるという方も多いでしょう。実際に、金利を上乗せした状態で返済していかなければいけないことを考えれば、金利は低いに越したことはありません。金利は低いほうが絶対にお得です。

 

もしとにかく低金利で借り入れをしたいということであれば、銀行系カードローンがおすすめです。先でもお話しましたが、消費者金融のカードローンは金利を高めに設定しています。

 

それに対して、銀行系カードローンは全体的に金利が低い傾向にあります。なぜ銀行系カードローンの金利が低いのかというと、ひとつは資金調達の面です。

 

ご存知のように銀行というのはお金を預ける場所です。顧客から預かっているお金があるからこそ、すぐに融資用の資金を調達することができるのです。

 

また、審査の厳しさも低い金利につながってきます。一般的にもよく言われていることなのですが、銀行系カードローンというのは消費者金融のカードローンと比べたときに審査が厳しい傾向にあります。

 

厳しい審査をクリアした人にのみ融資をするわけですから、低金利で貸し付けできるというわけです。

 

ただ、なぜ銀行系カードローンの審査は厳しいのでしょうか?それは銀行系カードローンが総量規制の対象外となっているからです。

 

総量規制の対象外となっている銀行系カードローンの場合、それぞれの銀行が独自に審査基準を設けられるようになっています。

 

統一された規格のようなものがないため、審査も厳しくなり、時間もかかるわけです。
日本貸金業協会による総量規制について

 

同じカードローンでも使い分けをしよう!

消費者金融カードローンの金利は高いものの、審査がスピーディーで即日融資も十分に可能です。一方で、銀行系カードローンは審査が厳しく時間がかかるものの、審査に通れば低金利で融資を受けることができます。

 

同じカードローンでもこれだけの違いがあるのです。「お金を貸してくれるならどこでもい!」と考えるのではなく、一度冷静になってカードローンの使い分けをするようにしたいところです。

 

少額融資の正しい利用方法

 

少額のお金を借りるというと、どこかで「大したことない」と思ってしまう部分もあるのではないでしょうか?

 

そう思ってしまう気持ちもよくわかるのですが、そういったところから借金が膨れ上がってしまうようなこともありますので、要注意です。少額融資だからこそ、賢い利用方法というものを改めて意識していきたいところです。

 

まずは借り入れ診断でチェック

少額のお金を借りる場合でも、審査に落ちる可能性があります。どれだけ必要なお金であったとしても、審査に落ちてしまえば泣こうが喚こうが融資はしてもらえないのです。

 

だからこそ、まずは借り入れ診断でチェックをおこなっておきましょう。

 

カードローンのサービスを提供しているところであれば、今はほとんどのところが借り入れ診断を用意しているかと思います。入力する情報は限られていますし、診断結果も数秒で出てくるのでカードローンの申し込みをする前に借り入れ診断で自分が借りられる状況なのかを確認しておきたいところです。

 

もちろん、借り入れ診断で出てきた結果がすべてというわけではありません。ただ、借り入れの申し込みをする前の目安にはなります。

 

最高融資額よりも審査に通るかを重視

カードローンの申し込みをする際に、最高融資額に目がいってしまうという方も多いのではないでしょうか?実際に、何百万円という金額が記載されているとそれだけでドキドキしてしまうものです。

 

中には、「万が一のときのために……」と最高融資額が大きいところを選ぼうと考えている方もいるかもしれません。確かにその気持ちはよくわかるのですが、人生において一度に何百万円というレベルでの借り入れをすることはそうそうありません。

 

だからこそ、最高融資額よりはそのカードローンに申し込みをしたとして、審査に通るかという部分を重視したほうがいいのです。最高融資額に目がくらんで、本当に必要な少額のお金すら借りることができないとなってしまっては本末転倒です。

 

そもそも高額な借り入れというのは、何かしらの目的があるはずです。それこそ住宅を購入したり、自動車を購入したりといったときにはそれぞれ目的別のローンを利用することになります。

 

高額な借り入れのことは目的別ローンに任せて、今必要な少額なお金は審査に通る可能性の高いカードローンで借り入れをするべきでしょう。

 

必要なときに必要な分だけ

少額のお金を借りるときに、「たくさんあったほうが……」と必要以上に借り入れてしまうという方も少なくありません。実際にお金が足りないからこそ借り入れをしているわけで、そういうときというのは不安になりやすいものです。

 

ただ、少額のお金を借りるときに限らず、お金を借りるときには「必要なときに必要な分だけ」ということを常に意識しておきましょう。必要以上に借り入れてしまうと、いわゆる多重債務の状態に陥ってしまうリスクが高まります。

 

消費者金融のカードローンであれば、必要なときに必要な分だけ借りて、無利息期間中に返済するということも可能です。利息が一切発生しないのであれば、借りたお金だけを返せばいいので損をすることもありません。

 

「無利息期間中に返済しよう!」と意識することによって、早くに完済することもできるでしょう。

 

借り入れする時点で返済のことを考えておく

これも少額のお金を借りるときに限らず常に意識しておきたいポイントなのですが、借り利絵をする時点で返済のことを考えておくようにしましょう。

 

お金を借りるとき、多くの方が「いくら借りられるのか」を考えます。ただ、それではいけないのです。

 

「いくら借りられるのか」を考えると、必要以上にお金を借り入れしてしまう可能性が高まります。「いくら借りられるのか」ではなく、「いくらなら返済できるのか」を考えるようにしましょう。

 

借りるのと同時に、返済のことを考えてこそ計画的な利用ができるのです。消費者金融のカードローンにおける無利息期間、無利息サービスであれば、必然的に「いつまでに返済すれば利息がかからない」ということを考えるようになります。
借りるのと同時に返済のことまで考えられるので、そういった意味でもとてもいいサービスなのです。

 

 

まとめ

 

カードローンについていろいろとお話してきましたが、基本的に少額のお金を借りるのであれば消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

もちろん、銀行系カードローンには銀行系カードローンの魅力があるのですが、消費者金融のカードローンであれば金利の高さも無利息期間、無利息サービスでカバーすることができますし、即日での借り入れも十分に可能です。

 

「必要なときに必要な分だけを借りる」ということを考えても、少額のお金を借りるのであれば消費者金融のカードローンが理想的です。

 

 

少額のお金を借りるオススメカードローン

 

カードレスで借入が簡単・人気No1

プロミス
  • web上で全ての手続きを済ませられる
  • 消費者金融カードローンの中で一番金利が低い
  • 最短30分で審査が完了、即日の融資にも対応が可能
  • 一定期間の無利息サービスが利用できる
  • 「瞬フリ」というアプリを利用すれば簡単に借り入れができる
金利 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円 お金,借りる,少額,消費者金融,

プロミスは他の消費者金融が行っているサービスのほぼすべてを取り入れており、それの加えて独自のサービスを展開しているところが人気の理由になっているのではないでしょうか。

 

 誰にもバレずにお金を借りたい

商品名
  • 在籍確認を省略できるため、会社や家族に気付かれることなくお金を借りることができる
  • 最短30分で審査が完了し、即日融資にも対応している
  • アプリを利用することでカードレスで借入ができる
  • 独自の10秒簡易審査で借り入れ可能か容易に調べることができる
金利 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円 お金,借りる,少額,消費者金融,

SMBCモビットは、web完結申し込みから申し込みをすることにより在籍確認の電話連絡を省略することができます。会社の同僚や家族にバレずにお金を借りたい方には最適のカードローンです。

 
TOPへ